内臓脂肪レベルの測定

2chまとめっちゃ

頑張ってまとめています!

飲料

日本のコーラから発ガン性物質検出。カリフォルニア州で売ってるコーラの18倍

1 : ボルネオウンピョウ(京都府):2012/07/04(水) 13:28:13.89 ID:55Hpvv+s0 BE:952503697-PLT(12001) ポイント特典 元スレ

プレスリリース
コカコーラから発ガン性物質検出(2012年7月3日)
http://tabemono.info/report/report_9_3.html

「NPO法人 食品と暮らしの安全」の協力団体であるアメリカの公益科学センター(CSPI)は、 6月26日、日本を含む世界各国で
含まれているコカコーラには発ガン性物4-メチルイミダゾール(4-MI)が含まれていると発表した。
この発ガン性物質は、カラメル色素を製造する過程で、砂糖やアンモニア、亜硫酸塩が高圧・高温下で化学反応を起こして生成される化学物質である。

CSPIの調査は、「NPO法人食品と暮らしの安全」を含む、世界各国の消費者団体の協力で行われた。
発ガン性物質4-MIのレベルは、各国で異なり、ブラジルで販売されているコカコーラが最も汚染されていた。
日本のコカコーラは、355ml換算で72マイクログラムで、カリフォルニア州で販売されているコカコーラが
4マイクログラムだったのに対し約18倍も多い。

カリフォルニア州では4-MIを含む食品の規制があり、この規制に対応するために、
カリフォルニア州で販売されるコカコーラのみ4M-1が少ないものとみられる。

CSPIは、カリフォルニア州でできるのなら、世界各国でも発ガン性物質の少ないコーラにすべきであると述べている。
また、コカコーラの問題点は、この発ガン性物質よりも、大きな健康リスクをもたらす、大量の糖にあり、
コカコーラをはじめとする糖分を多く含む清涼飲料水の飲みすぎを警告した。

また、日本ではコーラが500ml入りのペットボトルで販売されているのに対し、
アメリカでは355ml、ヨーロッパ・アフリカ・中国では330mlが標準である。
CSPI代表のマイク・ジェイコブソン氏は、コカコーラのように糖分の多い清涼飲料水を500mlで販売すると飲みすぎてしまうため、
500mlのコカコーラは日本でも販売すべきでないと言っている。

「NPO法人食品と暮らしの安全」も、過去に糖分の多い清涼飲料水が血糖値の上昇や肥満を引き起こす「ペットボトル症候群」
について警告を行っており、 CSPIと同様に、糖分の多い清涼飲料水は飲みすぎないことが重要であると考えている。
コカコーラの発ガン性物質の問題、および、大容量のコカコーラ販売の禁止に関して、日本コカコーラに対し近日中に申し入れを行う予定である。


5 : ピクシーボブ(東日本):2012/07/04(水) 13:30:51.84 ID:fnT+YnhJ0

いつもドクターペパー飲んでるから無問題
続きを読む

オランジーナのパクリが早速登場  “シュウェップスが日本にやってきた!”

abc

1 : スミロドン(埼玉県):2012/06/14(木) 23:46:09.76 ID:WD8X8PLSP BE:2020738346-PLT(12000) ポイント特典 元スレ

シュウェップス ブリティッシュ レモントニック」本日より全国で発売!

自分らしいライフスタイルを持つ、オトナ世代に向けた英国の歴史と伝統を誇るブランド
「シュウェップス ブリティッシュ レモントニック」

コカ・コーラシステムの2012年最重要新製品として、本日より全国で発売!
Schweppes Moves into Japan キャンペーン始動

“シュウェップス ブリティッシュ レモントニックが日本にやってきた!”

ほのかな苦味をきかせた、洗練されたオトナの味わいを体験していただくべく、
100万人へのサンプリングも全国各地でスタート。

全国でおよそ100万人規模の方に対して、英国王室御用達にも選ばれる
「シュウェップス ブリティッシュ レモントニック」ブランドが誇る歴史や伝統を、洗練されたブランドの世界観や独特の味わいとともに体験いただきます。

http://www.asahi.com/business/pressrelease/PRT201206110062.html
続きを読む
スポンサードリンク
最新記事
記事検索
アクセスランキング


最新コメント
  • ライブドアブログ